スロージョギング

「適度な運動」に最適なのが「スロージョギング」だ。

ウォーキングは本当に適度な運動か?

「生活習慣病の予防には、適度の運動をすれば良い」などと言われていますが、果たして「適度な運動」とは、いったいどんな運動なんでしょうか。

病院で健康診断を受けた際に医者から良く言われるのは……

「1日20〜30分以上の運動」

「軽い運動」

「無理のない程度の運動」

などです。

そして、適度な運動の代表格は「ウォーキング」と相場が決まっています。
同様に取り上げられるのが、「早歩き」「大股歩き」です。

適度な運動は、「歩く(ウォーキング)」というのが定説になっているし、多くの医者が同じことを口にします。

それはなぜなのでしょうか?

元福岡大学スポーツ科学部教授 故 田中 宏暁氏によると、適度な運動の具体的な実践方法を知っている人がいないので、「歩く」ことが推奨されているのだということです。

さらに、

「大多数の人にとってウォーキングは運動として軽すぎます」

ということです。

スロージョギングは、ラクな運動にもかかわらず、ウォーキングの2倍のエネルギーを消費できる運動です。

走る速度は、ウォーキング並か、それ以下。
ゆっくり走るので、つらくなく、苦しさもない。

走るほどつらくならないし、ウォーキングよりも効果があるスロージョギング。
しかも、80歳、90歳の高齢者でもできる安全さ。
生活習慣病の予防だけでなく、無理なく足腰も鍛えることができます。

そんなスロージョギングこそが、「適度な運動」に最も相応しいと言えるのではないでしょうか。

スロージョギングとは?「スロージョギングとは?」を解説しています。 ...

引用

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です