スロージョギング

スロージョギング提唱者、田中宏曉先生とは?

スロージョギング提唱者、田中宏曉先生とは?

田中 宏曉(たなか ひろあき)
1947年〜2018年4月23日
東京教育大学体育学部卒、医学博士。
福岡大学スポーツ科学部教授、福岡大学身体活動研究所所長。
2018年に福岡大学名誉教授に。
専門は運動生理学。
生活習慣病の治療と予防、健康増進・競技力向上に有効な運動処方に関する研究が主なテーマ。
日本健康支援学会理事、ランニング学会常任理事などを歴任。
日本陸連科学委員、日本オリンピック委員会強化スタッフの立場で、トップアスリートの競技力向上のアドバイザーとしても活躍した。
マラソンの自己最高記録は2時間38分50秒(50歳時)
田中先生の思い。
これは、まったく個人的な意見ですが、下記の文章に集約されていると思います。
私は、スポーツする人が人が、体力に自信のないウォーキング派と、自信があるジョギング派のように完全に別れてしまわないことを願っています。
体力がない人でも、適切にトレーニングをすればどんどん体力は上がるし、フルマラソンも完走できます。「高齢者だからウォーキング」などちう枠にはまらずに、誰もがランニングを楽しんで欲しいのです。そのためにも、スロージョギングを勧めていきたいと思います。

引用

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です