スロージョギングとは?

スロージョギングって何?

スロージョギングとは、文字通り、スローに走るジョギングのことです。

スロージョギングとは、福岡大学スポーツ科学部の故 田中 宏暁 教授が提唱しつづけてきたもの。

スロージョギング提唱者、田中宏曉先生とは?スロージョギング提唱者、田中宏曉先生とは? 田中 宏曉(たなか ひろあき) 1947年〜2018年4月23日 ...

もともとジョギングはゆっくり走るという意味ですが、スロージョギングのペースは、もっとゆっくりなのです。

始めたばかりの頃は、歩く速度、もしくは歩くよりも遅い速度で走る。

超がつくほどのゆっくりペース。
うんと狭い歩幅(10〜40センチくらい)でチョコチョコと走る。
という感じです。

ポイントは2つ。

  1. つらくないニコニコ笑顔でいられるペースで走る。
  2. フォアフット(指の付けの根の周辺)で着地する。

 

一般的なジョギング、ランニングとは、ここが違う!

歩くくらいの速度で走るスロージョギングは、スピードだけでなく、一般的なジョギングやランニングと様々な点が異なります。

  1. 準備運動がいらない。
  2. あごを下げずに、やや上げ気味に。
  3. かかとで着地しない。
  4. 1分間などの細切れの練習でもOK!
  5. 呼吸は普通にする。
  6. ラクなペースで走る(頑張りすぎない)

etc.

スロージョギングの良さ

ウォーキングとさほど変わらないスピードのスロージョギングですが、歩くよりは、「遅くても走るほうが運動効果がある」そうです。
その差は、なんと1.5〜2倍ほど。
極端に言うと、ウォーキングとさほどかわらない労力で、2倍の体力がつくということです。

このほかにもスロージョギングのメリットは、たくさんあります。

  1. 80歳でも90歳でも、疲れないペースで無理なくできる。
  2. 膝などを痛めにくい。
  3. つらくないから、続けられる。
  4. 素人でも3〜6ヶ月でフルマラソンを走れる人もいる。
  5. 体力がつく。

etc.

スロージョギングは、どんな人にオススメか?

健康のために走りたいが、すぐに足のどこかを痛めてしまう。

高齢だが、健康のために何か運動を始めたい。

何十年も運動をしていなかった。まったく走ったことがない。
でも、フルマラソンに挑戦してみたい。

  1. ジョギングを趣味にしたい。
  2. 足腰を鍛えておきたい。
  3. フルマラソンで、サブ4、サブ3を狙いたい。
  4. 無理なくダイエットしたい。
  5. 最近、糖尿病(血糖値)が気になる。

etc.

とにかく、スロージョギングは、「走る」ことに興味を持っている人や、体力づくりをしたいと考えているすべての人にオススメです。

スロージョギングについての詳細は…